スタッフブログ

透明な塗料で外壁塗装!

DATE:2022年11月03日

みなさんこんにちは(^^)

リフォームのタマオ時津店の岩本です!

前回、『軒天補修ビフォーアフターについてご紹介させていただきましたが、

今回は「外壁のクリヤー塗装」についてです!

 

よろしければ最後までご覧ください♪

 

 

 

クリヤー塗装とは

「クリヤー塗装」とは名前の通り、透明の塗料を使った外壁塗装です!

 

色のついた塗料で塗装をすると、外壁に施してある色や柄を塗りつぶすことになりますが、

クリヤー塗料を使うことで塗りつぶすことなく色や柄を残すことが出来ます^^

 

 

 

例えば、このようなサイディング外壁などにおすすめです↓↓

 

メリット

 

では次にクリヤー塗料のメリットについてご紹介します♪

今までの外壁の色・柄をそのまま残せる

先述したように、クリヤー塗料は、塗料の色が「透明」なので、

塗装をしても既存の外壁の色や柄などを塗りつぶすことなく、そのまま残すことができます!

 

「今の外観の印象がお気に入りだけど耐久性が気になるから塗装はしたいなあ・・」・

という方にはクリヤー塗料がおすすめです★

 

 

艶・光沢を出すことが出来る

クリヤー塗料で外壁塗装をすることで、外壁に艶(光沢)を出すことが出来ます。

外壁に艶が出ることで、外壁の色や柄もより美しく見えるようになりますよ(^O^)

 

ちなみに、塗料の艶については前回記事にまとめましたので

こちらをご覧ください♪(^-^)

 

どのくらいの艶の程度が選べるのかは、

クリヤー塗料の製品によって異なりますのでご注意ください

 

 

外壁を長持ちさせることができる

外壁塗装によって外壁の強度や耐久性を高めることが出来ますが、

これはクリヤー塗料を使った場合も同じです。

 

見た目の変化が薄いからといって、耐久性がないわけではないんです!!

 

クリヤー塗料の種類によってより長期的に外壁を長持ちさせることもできますよ♪

 

 

 

デメリット

 

色つき塗料よりも早めの塗装が必要

 

クリヤー塗料で外壁塗装をする場合、

・外壁に大きなひび割れやキズ

・色褪せ

などの劣化症状が生じていないことが条件になります。

 

通常、色付きの塗料で外壁塗装をする場合、

外壁に劣化の症状が生じてから行うことがほとんどです。

 

ですが、クリヤー塗装をご希望の場合、劣化の症状が生じてからでは遅いので

早々に外壁塗装をしなければならないということが1つのデメリットとして挙げられます!

 

 

外壁のヒビやキズが見えてしまう

 

通常、外壁にヒビやキズなどの劣化の症状が見られる場合、

補修を行い、その上から色付きの塗料を塗るので、塗装後は

劣化している箇所はあまり目立たなくなります。

 

ですが、クリヤー塗装の場合、補修跡が透けて見えるとになってしまいます。

 

色付きの塗料のように、劣化していた場所を隠すことができないのも

クリヤー塗料の大きなデメリットと言えます。

 

 

 

 

最後に

 

今回はクリヤー塗料・クリヤー塗装についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

 

お客様の完成イメージやご要望をお聞きしながら、塗料の種類や塗装方法についても

弊社のアドバイザーがしっかりご説明させていただきますので、

お気軽にご相談ください(^O^)♪

 

 

岩本